Just another WordPress site

かき氷の歴史~江戸時代ではきな粉をかけて食べていた!?

siro
WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -
siro

かき氷の歴史

かき氷は、清少納言の随筆『枕草子』に「削り氷にあまづら入れて~」と記述されていることから、平安時代中期に既に存在していたと考えられています。あまづらというのは、ブドウ科の植物から作られた甘味料のことで、それを削った氷にかけていたようです。

しかし、冷凍庫などない時代に、氷を夏まで保存する事はとても大変なことでした。そのため、氷は高級品として扱われ、身分の高い人達だけしか口にすることができなかったのです。

氷の価値は江戸時代になっても変わらず、将軍へ献上する品物になる程の高級品でした。削った氷に砂糖やきな粉をまぶして、将軍が食していたとの記録も残っています。

その高級品だったかき氷が、庶民に広がったのは明治に入ってからのことです。
機械製氷の技術が海外から入ってきたことにより、人工氷を生産できるようになったことが大きな要因と言えるでしょう。

かき氷の名前由来

氷を掻いて食べることから『掻き氷』と呼ばれるようになった、と思われがちですが、実は『欠き氷』と書きます。一体どうしてそんな字を書くのでしょう?

それは、まだ冷蔵庫も無ければ、氷を人工的に作る技術も無い頃までさかのぼります。当時は、冬にできた氷を、暑い夏まで持たせるために氷室と呼ばれる、洞窟などを利用した自然の貯蔵庫で保存していました。

当時はその氷の欠けた物を食べていたので『欠き氷』と呼ばれるようになったのです。 後に氷を削ったものが出回るようになり、名前も『かき氷』とひらがなで書かれることが多くなっていきました。

かき氷の日とは!?

最近は色々な記念日を耳にしますが、その中に『かき氷の日』もあります。それは7月25日。「7(な)2(つ)5(ご)・・・おり」という語呂合わせからできました。

これは、日本かき氷協会が制定した、立派な記念日です。また、日本の最高気温、40.8度が記録された日が、1933年7月25日であったことも、その理由の一つとなっています。

世界では様々なかき氷があった!?

 

最近では色々なかき氷が出回っていますが、やはり日本の『かき氷』と言えば、イチゴやレモン、ブルーハワイなどのシロップをかけるものが代表的ですよね。しかし、世界には様々なかき氷があるんです。

韓国には、パッピンスという、削った氷の上に色とりどりのフルーツをのせた、フルーツパフェのようなものがあります。また、マレーシアにはアイスカチャンと呼ばれる氷を使ったスイーツがあります。

 

パッピンス

アイスカチャン

 

甘く煮た豆やフルーツなどに、甘いシロップをかけ、そこに砕いた氷をのせて食べる、人気の品です。ヨーロッパではイタリアのグラニータが有名です。これは、レモンやオレンジなどのフルーツ、コーヒーを凍らせたものを粗く削ったもので、イタリアの中でも特にシチリアのグラニータが絶品と評判です。

また、フランスではこのグラニータから派生して、コース料理で出されるグラニテというシャーベットに似た氷菓が出来たといわれています。

世界のかき氷の歴史や由来

・古代ローマ
古代ローマでは、暑い時期に兵士の健康を維持させるため、氷を与えていました。それを将軍ジュリアス・シーザーが、ワインに入れて飲むようになり、これが、古代ローマにおいて、氷が嗜好品となったはじまりと言われています。

その後、皇帝ネロが蜂蜜や果汁を入れるようになり、ますます嗜好品としての扱いが強くなっていきました。この頃はまだ、氷を削って食べると言うよりは、砕いてシロップと混ぜて飲むという感じだったのでしょう。

・中国
中国では氷に甘味をつけたものが紀元前からありました。しかし、今のような嗜好品としてではなく、兵士や特権階級の健康食品として扱われていたようです。

・台湾
ミルクが混ざった氷をふわふわに削り、マンゴーなどのフルーツをたっぷりのせたものが有名な台湾のかき氷。台湾は日本を含め、他国の統治下にあった時代が幾度もあり、特に台湾料理はその影響を強くうけていると言われています。

天然の氷ができない気候であるにも関わらず、かき氷が広まったのも、他国から持ち込まれた文化の影響の一つなのではないでしょうか。

・アメリカ
アメリカのかき氷といえば、ハワイのシェイブアイスが有名です。いろんな色のシロップをかけた、レインボーカラーのかき氷は、ハワイのイメージにピッタリですね。実はこのシェイブアイス、移民労働者としてハワイに渡った日本人が考えたもので、日本の氷削機を使っていたそうです。

かき氷の歴史まとめ

冷たくて美味しいかき氷。しかし、その歴史や由来は奥深いものがあります。今では冷凍庫から氷を出し、かき氷機で削れば、家でもお手軽に作れるかき氷ですが、昔はとても貴重なものだったんですね。

最近は、沢山の国のかき氷が日本にも出店してきているので、かき氷で世界一周気分を味わいながら、暑い夏をのりきりたいものです。

この記事を書いている人 - WRITER -
siro

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 料理の由来 , 2019 All Rights Reserved.